Exhibitions
#
 
#

菊池史子 個展 「シコノカン」

Solo Exhibition by Fumiko Kikuchi

 

 YUKI‐SIS では、2 月14 日(土)-28 日(土)菊池史子展「シコノカン」を開催いたします。


 菊池史子は1986 年生まれ。2009 年日本大学藝術学部(芸術学科絵画コース/版画)を卒業後、渡独。
現在ドイツ、ブラウンシュバイクで作家活動を行っています。
 版画を専攻していた彼女は、"記憶"や"関係性"をテーマに撮りためた写真を厳選し、版画で使う雁皮紙や洋紙に染料を写し取り作品を仕上げています。どこかで見たことがあるような、デジャヴ-既視感を起こすような作風は、人の奥底に潜んだ記憶にそっと寄り添い、時とともに薄れ消え去っていく風景、人の感情、人とのかかわりを思いおこさせてくれます。


 今回の個展のタイトルは「シコノカン」。
指呼の間・・・呼べば答えが帰ってくる程度の距離。
ここでもなく、あそこでもない「そこ」という距離。外側と内側のちょうど中間地点。
 偶然に菊池が出会ったという、1930 年代のプライベートな家族写真を元に版を制作、さらに1970 年代のドイツの家
に使用されていた、外側(パブリック)と内側(プライベート)を隔てているもの(家、扉、窓、カーテン、壁紙など)が2層
目のイメージのモチーフとして使われています
 2つのイメージが重なり合い、その2つのイメージの間にどんな関係性があるのかを探りながら、他人のプライベートな
記憶が私たちのプライベートな記憶に混ざり合い、溶け合う瞬間をぜひ体験してください。


 

会  期

2015年2月14日(土)~2月28日(土)
12:00~19:00

日、月休廊   Closed on Sunday, Monday

 

勇敢な2人のポートレート

菊池史子

勇敢な2人のポートレート

600mm × 500 mm

2014

モノタイプ

河﨑広平

菊池史子

姉妹のポートレート

560mm × 750mm

2014

モノタイプ

 

 

BAR YUKI-SIS
BAR YUKI-SIS

テーマ:「ふたつのフィールドとワーク」
2015.2.21 (sat) 19:30〜

ゲスト:原口香英(多目的打楽器奏者)、菊池史子(作家)

 

★入場料はいりませんが、ドリンクをお求めください。ビルの施錠上、21 時までにご入場ください。